TOP > 喜びの声・合格実績 > 喜びの声

喜びの声・合格実績 

喜びの声を検索する

THE義塾の生徒たちからの喜びの声を内容別に検索できます。

検索結果

532件中21-30件を表示


2019年07月19日photo

K T 大宮北小 男子 :小学6年生中学受験コース

(生徒本人)

『入塾から合格まで』
 私は5年生の冬から大宮校に入りました。塾に入った初めの頃は志望校も決まらず、出た宿題をやるだけでしたが、受けようと思った学校の偏差値にまったく届かずに、どこの学校も合格しないでのはないかと不安になるときもありました。6年生になると勉強のペースも上がり、大変なときも何度かあったけれど、模試に向けた勉強をしながら宿題をすることで志望校の偏差値に近づけることができました。夏合宿、正月特訓の確認テストではしっかり知識を入れてテストに臨むことで、席順を上げることができました。夏から正月で席の順番が上がり、自分でも少し成長を実感できました。志望校に合格できたのは両親や先生方のおかげです。ありがとうございました。


2019年07月19日photo

I K 三橋小 男子 :小学6年生中学受験コース

(生徒本人)

『あきらめたらそこで試合終了』
 ぼくが伊奈学園中学校行きたいと強く思ったのは、6年生の6月頃でした。それまではTHE義塾ではない他の塾に通っていたけれど、宿題の多さ投げ出してしまいました。受験することもあきらめようと思っていたけれど、両親やTHE義塾の先生方が勇気づけてくれて、もう一度がんばってみようという気持ちや、大きな自信を与えてくれました。そのおかげで、習い事のバスケットボールと受験勉強をどちらも全力で打ち込むことができました。また、入試当日にはとても緊張して学校に向かいましたが、先生が門の前にいてくれて、リラックスして試験に臨むことができました。あきらめずにもう一度頑張ろうという強い意志をくれた塾の先生や両親には、感謝の気持ちでいっぱいです。


2019年07月19日photo

I A 並木小 女子 :小学6年生中学受験コース

(生徒本人)

『努力した伊奈学園中受験』
 私は6年生の伊奈学園中講座の開講に合わせてTHE義塾に入塾しました。講座の初日、私は想像を超える宿題の量におどろきました。しかし、問題を解いていくうちに講座や宿題にも慣れ、夏特訓では先輩方に励まされ、伊奈学園中に入学したいという気持ちがさらに強くなりました。そして12月の大晦日正月特訓では、過去問を何度も解き直し、最終的には10位以内に入れたので自信がつきました。一次試験と二次試験では、先生方が校門の前で応援してくだり、集中して試験に臨むことができました。合格の通知を手にした時は、とても嬉しく、先生方や家族への感謝への感謝の気持ちでいっぱいでした。支えてくれた家族や先生方、本当にありがとうございました。


2019年07月19日photo

N R 大宮北小 男子 :小学6年生中学受験コース

(生徒本人)

『あきらめなかった合格』
 ぼくが本格的に受験勉強をはじめたのは、小5の冬期講習からです。最初は国語や理科の内容は理解できませんでした。国語の記述問題は初めないも書くことができまでんでした。しかし記述のポイントなどを教えてもらい自分も文章を速く読むようにしました。理科の計算問題では速く解くコツを教えてもらいました。日曜過去問特訓でも初めは合格点に足りませんでしたが同じような問題を解いたりたくさん同じ学校の過去問を解いて、合格点にだんだんと近づいていき自信がつきました。合格をもらえないのではないかと不安になった時もありましたが合格することができてすごく自信になりました。支えてくれた家族や先生に感謝したいです。


2019年07月19日photo

T W 大宮東小 女子 :小学6年生中学受験コース

(生徒本人)

『友達の存在があったからこそ…』
 私がここまでつらいことを乗り越えてこられたのは、友達の存在があったからだと思います。最初の方は苦手なものから逃げて諦めていましたが、周りの人と仲良くなるうちに負けたくないと思い、得意な教科も苦手な教科も逃げずに諦めないで頑張りました。その結果、苦手な教科も楽しくなってきました。
 あるときにはいやなことがあり、塾にも行きづらくなったこともありました。もしも、友達がいなかったらそのままいやなことをかかえたまま入試となり、合格できなかったと思います。友達という存在があり、ときには助け合ったりしたから乗り越えることができたのです。いつでも明るく笑顔で元気をくれた友達や家族などたくさんの人に感謝しています。


2019年07月19日photo

I N 春岡小 男子 :小学6年生中学受験コース

(生徒本人)

『努力は絶対に報われる』
 ぼくは小5から受験勉強を始めました。初めは受験勉強を甘く見ていたせいか、首都圏模試や合不合判定テストでは思うような点数が取れませんでした。しかし、小6になると絶対に志望校に合格したいという気持ちが強まり、学校の過去問に取り組みましたが、あまり点がとれませんでした。そこで、質問することの大切さを学びました。わからない所を質問し、自分の苦手な所がわかったので、予習シリーズを見て繰り返し解きました。すると、だんだん成績が上がってきて、自分に自信を持つことができました。先生方の優しくてわかりやすい授業を受けたおかげで、昌平中のTクラスに合格することができました。ありがとうございました。


2019年07月19日photo

Y S 日進北小 女子 :小学6年生中学受験コース

(生徒本人)

『日々の努力』
 私は5年生の夏の時期からTHE義塾に入りました。5年生のうちは危機感や自覚が足りず、教材を繰り返し説いたり復習したりしていいませんでした。しかし、6年生になり、入試合格オリエンテーションなどで合格した人たちの姿を見て自覚し始め、自分も合格したいという気持ちが強くなりました。それからは、予習と復習を毎日目標を決めて取り組み、自分の第一志望校の偏差値に届くようになりました。本番はかなり緊張しましたが、今までがんばってきたことなどを思いだし、やりきることができました。合格を知った時は、本当にうれしかったです。中学でも上のクラスになれるように頑張ります。


2019年07月19日photo

H U 大宮北小 女子 :小学6年生中学受験コース

(生徒本人)

『努力の大切さ』
 私がTHE義塾に入ったのは、6年生の春でした。私は理科と社会が全然できませんでした。そのため、模試の結果も悪く、周りの子がしっかり点を取れる暗記科目で点数を取れていないことを思うと、落ち込んでしまうこともたくさんありました。また、夏合宿でも国語と算数の座席は良かったのに、理科と社会は後ろの方でした。みんながどんどんテストで合格していくのを見て「負けたくない!」という気持ちが強くなりました。合宿の後も本気で勉強しました。そのおかげでどんどん偏差値が上がりました。そして冬合宿ではαー3に残ることができました。そして入試が始まると、いままでの努力を信じ無事合格することができました。いつも支えてくれた先生方や家族に感謝しています。


2019年07月19日photo

S M 桜木中 男子 :中学3年生コース

(生徒本人)

『いつも支えてくれた魔法の言葉』
 私はTHE義塾で高校受験をした先輩に勧められて、THE義塾に通い始めました。最初は、偏差値70を越える学校がとても高いところにあるように思え、自分は絶対にいけないと思っていました。しかし、夏合宿で、今まで自分がしたことのない量とスピードで勉強をしたことで自分に変化が起きました。めげそうになった時かけてくれた「絶対合格するぞ」という言葉を聞いて、何度も踏ん張ることができました。また、自分を応援してくれている人のためにも合格しようと思えました。正月の合宿では早慶の難問に取り組み、諦めないことの大切さを知りました。THE義塾に通って、学力も人間力もつきました。先生方、本当にありがとうございました。


2019年07月19日photo

K H 日進中 男子 :中学3年生コース

(生徒本人)

『合宿を通じて育んだもの』
 私は二つの合宿を通じて志望校合格に大きく近づけたと考えます。7月の模試で努力圏だったものが合宿後は合格圏、安全圏へと到達することができました。合宿では学力面はもちろん精神面も大きく成長できたのだと思います。「支えてくれる人のために頑張る」と教えられてから、両親、塾の先生、学校の先生、その他の支えてくれる方々への感謝が一層強くなり、受験勉強も最後まで諦めることなく進められました。さらに、模試等でうまくいなかった時にも支えてくれている人から励まされ、最終的には第一志望に合格することができました。私は受験を通じ、周りの人々のありがたさを改めて実感することができました。これからも周りの人への感謝の心を持ち続け、頑張っていきます。


532件中21-30件を表示



無料体験授業はこちら 資料請求・お問い合わせはこちら

このページのTOPへ