TOP > 喜びの声・合格実績 > 喜びの声

喜びの声・合格実績 

喜びの声を検索する

THE義塾の生徒たちからの喜びの声を内容別に検索できます。

検索結果

532件中31-40件を表示


2019年07月19日photo

I S 大宮八幡中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

『受験を終えて』
 私は3年の6月に部活を引退し、受験勉強を本格的に始め、8月の夏合宿に向けて予習を進めていきました。そして合宿後も、合宿で見つけた弱点を克服するために、毎日必死に勉強しました。そのおかげで、北辰の偏差値もどんどん上がっていき、10月ごろに具体的に志望校を決めました。自信もついていきましたが、受験が近づいてきた12月に4月の偏差値にまで落ちてしまいました。そのため、年末年始に行われる合宿に参加する気が無くなってしまいました。そんな時にいつもお世話になっている先生方が授業時やそれ以外のときにも私を支えてくださり、前向きな気持ちに立ち直らせてもらいました。とても感謝しています。二年間、THE義塾で学べて本当に良かったです。


2019年07月19日photo

K M 国立埼大附属中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

『THE義塾ありがとう』
 受験を終えた今、支えてくれたすべての人に感謝したいです。今思うと私は、自分に甘く、周りの人に頼ってばかりでした。毎日お弁当づくりや送り迎えをしてくれた母やいつも背中を押してくれた先生方、家族より長い時間を共に過ごしてくれた友達、合宿で何度も支えてくれたリーダー。すべての人が私にとってかけがえのない存在で、支えとなりました。特に、中学受験から長い間お世話になった丸山校長には感謝の気持ちでいっぱいです。私の周りの人は本当に温かかったです。THE義塾でなければこんなに頑張ることはできませんでした。努力は必ず報われます。私はこれから先、何があってもあきらめません。THE義塾で過ごした日々が私の糧となると思います。今まで本当にありがとうございました。


2019年07月19日photo

M T 大宮北中 男子 :中学3年生コース

(生徒本人)

『支えてくれる人のために』
 私がTHE義塾に入ったのは、中2の冬でした。それまで勉強していなかったのに、3年生になっても私はいまだに受験生になれずにいました。そんな私を変えたのは、夏合宿でした。たくさんの人が自分を支えてくれていることを改めて実感し、私は第一志望への想いを強くすることができました。それからも、たくさんの辛いことがあったけれど、その度に乗り越えていきました。そして、ついてに入試を迎え、合格をもらうことができました。私は、支えてくれる人のためにがんばることこそが合格への一番の近道だと思います。どんなに辛く苦しいことがあっても、両親や校舎の先生、リーダーのことを思い出して乗り越えて、合格を勝ち取ってください。


2019年06月27日photo

S. K. T中学校 男子 :中学1年生コース

(保護者)

初めての中間テストでしたが、日頃の先生方のご指導のおかげで、慌てる事なく臨むことが出来たようです。日々の積み重ねがいかに大切かを理解した結果でした。今後共ご指導の程よろしくお願い致します。(お母様)

(生徒本人)

1学期中間考査 学年8位
苦手な社会で差が開かなかったのでよかったです。塾では、たとえば英語だと「ピリオド」「クエスチョンマーク」など忘れやすいものを、数学は符号の見分け方、計算の仕方を、国語は「つまり」「でも」」など接続語の見分け方を、何度も教えて下さいました。ありがとうございました。


2019年06月14日photo

C. R. A中学校 男子 :中学2年生コース

(保護者)

今回も良く頑張りました。
全体的に出来ていましたが、漢字や英単語などのミスもあったので、確実に答えられるようにしておきましょう。(お母様)

(生徒本人)

1学期中間考査 学年2位
今回のテストでは、全体的に上がったのでとても良かったです。塾で覚えたところがそのまま出たところもあったので、詳しく教えて頂いてありがとうございました。


2019年05月31日photo

I. R. W中学校 女子 :中学3年生コース

(保護者)

3年生になり、目標を立てたことで、勉強に対する意識が変わったように思います。積極的に塾に自習に行き、集中して勉強し、分からないことを質問できたことも、点数UPにつながっていると思います。(お母様)

(生徒本人)

一学期中間考査:学年3位
  (五科:481点)
学校では、授業中の先生の話をよく聞いて、テスト勉強に役立てる為に、少しのことでもメモをとるようにしました。また、今までより自習を多くして、分からないところ、勉強の仕方を先生に聞くなどしていきました。次のテストでも「絶対に点数・順位を今以上のものにするぞ!」と、モチベーションを上げて頑張ります。


2019年05月17日photo

Tくん T中学校 男子 :中学2年生コース

(生徒本人)

THE義塾に入って一番変わったと思うのは、勉強がストレスではなくなったことです。今までは、勉強というのはやらされているものだという意識がありました。しかし、THE義塾に入ってその意識が変わりました。それは勉強したいと思える快適な空間と、カリキュラムをこなしつつも、とても柔軟に自分の要求に合わせた内容を提案してくださる先生の存在が大きかったと思います。THE義塾にいると自然と勉強への意識が高まり、模擬テストなどにも積極的にチャレンジできました。現状に満足せず、向上心を持ち続けながら、これからも頑張っていきたいです。


2019年05月17日photo

Nさん K小学校 女子 :小学6年生中学受験コース

(生徒本人)

私がTHE義塾に入ったのは6年生のはじめです。1学期の間は、自分ひとりで解ける問題は少ししかありませんでした。しかし、夏期講習や夏合宿に参加し、くり返し問題を解くことで少しずつ理解できるようになりました。私を本気にさせてくれたのは正月特訓です。正月特訓では、受験校の過去問に必死に取り組みました。私は最後まであきらめずに、精一杯取り組むことができました。みなさんにお伝えしたいことがあります。それは最後まで決してあきらめないことです。最後まで取り組まなければ、合格をすることはできません。支えてくれたみなさん、本当にありがとうございました。


2019年04月12日photo

Hさん M小学校 女子 :小学6年生中学受験コース

(生徒本人)

私がTHE義塾に入塾したのは、5年生の冬でした。THE義塾では、自分のペースで勉強することができ、また、とても質問しやすい環境で学習に励むことができました。入塾当初は志望校は決まっていませんでした。その後、両親と先生と私で話し合いをして、秋になってようやく本当に行きたいと思える学校が決まりました。それからは過去問題に取り組みましたが、思うように点数が取れず、苦しい時もありました。しかし、最後まで希望を持ち続けたことで、第一志望校合格の夢を実現することができました。支えてくださった先生方、本当にありがとうございました。


2018年12月22日photo

S. M. S中学校 男子 :中学3年生コース

(生徒本人)

塾内実力テスト 第一位

最近、「1日を人生最後の日だと思って生きる」という言葉を知りました。時間が無いと認識すると、その中で何をするか、を本気で考えます。僕はまず、入試までの日数を数え、その少なさに驚きました。そして、その中で何が出来るか、何をすべきかを考えます、出来るだけ鮮明に。最後に ”今” すべきことは何かを考えます。このように考えれば、スマホやテレビを見ている暇は、まず無いと思うでしょう。


532件中31-40件を表示



無料体験授業はこちら 資料請求・お問い合わせはこちら

このページのTOPへ